整形外科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 整形外科 看護師の記事一覧

整形外科 看護師の求人の選び方・注意点・ポイントは?

整形外科 看護師の求人をみるときにどういう視点でみていったらよいかを考えていきたいと思います。

整形外科 看護師の求人の選び方

整形外科 看護師の求人は昨今人気となってきているといえます。

整形外科は他の科に比べ重症度が低いと言われており、また患者さんの回復が目に見えてわかりやすいのでやりがいにつながりやすいからです。

人気がある科なので就職の倍率が高く、なかなかないようにも思われがちですが、整形外科の求人はたくさんの種類があります。

その理由は整形外科は体中の骨・筋肉・神経を分野とするため、範囲が多岐にわたるため、同じ整形外科でもたくさんの種類があります。そして、クリニック、病院、病棟、外来など働き方も様々となります。

選択肢が多い分、選ぶときに迷ってしまうのが難点です。

たくさんの求人の中から自分がどの整形外科のどの分野の看護をしたいのか、またどのような働き方がしたいのかを整理したうえで整形外科の求人を探すと見えてくるのではないでしょうか。

整形外科の看護師が求人を探すときの第1歩は自分が何がしたいか、どう働きたいかを考えた上で求人を探す必要があるといえます。

整形外科 看護師の求人で注意する点

整形外科 看護師の求人で注意しなければならないことがあります。

先述した通りどういう形で働きたいかを考えた上での注意点ですが、「△△整形外科病院」など、医院・クリニックではなく整形外科の単科の病院(20床以上の入院施設を有するもの)などに就職する場合です。

整形外科の配属になることは間違いないです。ただ、同じ整形外科という単科の病院でも外来・病棟では働き方は違いますし、病棟でも急性期・回復期など看護の種類が異なります。

もし、自分が「△△整形外科病院は膝を専門としているから私はそこで勉強したい。病棟で術後を勉強したい」と考えたとしても、回復期病棟の看護師が不足している場合希望の病棟にいけない可能性もあります。

また、大変なのは手術室などになると通常看護とは大きく変わりますのでその病院がどこの部署の看護師の求人を出しているかを確認しなければなりません。

例えば外来勤務としてあっても病院によっては手術室を「外来」扱いにしている病院もありますので外来で患者さんを診たいと思っていてもまったく違う分野にいってしまう可能性もあります。

病院の特色だけでなく、病院がどういった求人を出しているかまできちんと注意して確認することがポイントとなります。

整形外科 看護師の求人でみるポイント

整形外科 看護師の求人でみるポイントです。整形外科の病院の種類にはたくさんありますが、その他にも他の科と違う点があります。

それは他職種が関わる点です。

整形外科はリハビリときっても切り離せません。病院によって医者のする範囲、看護師のする範囲が違うと思いますが、整形外科の場合はそこに加えて、PTとOTが加わります。

私が整形外科の看護師をしているときはギプス介助は看護師がつきましたが、私の知り合いが勤めている病院ではギプスをするときは、医師がリハビリ室まで出向き、リハビリ室でギプスを巻くため看護師が介助に入らないそうです。

また、大きな病院では看護助手を多く採用している病院もあり、回復期の場合シャワー介助や車椅子送迎など看護助手が行うため、看護師は注射やバイタルチェック、そして退院指導に集中はできるのですが、整形外科の看護師らしい技術は少ないと聞いたこともあります。

また、リハビリに力を入れているクリニックでも、リハビリ室にPT・OTがいれば、看護師が介入することは少ないです。

誰がどこまで介入するか、看護師がどんな業務を行っているかで得られるスキルは変わってきます。

どんな職種が勤めているか、自分が得たいスキルは学ぶことができるのかを知ることも整形外科の求人を選ぶポイントの一つと言えます。

ただ、先述したどこの求人を出しているかもそうですが、病院の内部の情報まで求人情報だけで自力で調べることは難しいかもしれません。

そんな時には、当サイトランキングの整形外科の求人に強い転職サイトに登録すればコンサルタントが求人の相談に乗ってくれますよ。

整形外科 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 整形外科 看護師の記事一覧

このページの先頭へ